マイホームで家族と暮らすなら、地域分社制の会社や、本社しかない企業などに限定しましょう。

MENU

転勤とは

仕事をしている男性の中には度重なる転勤に嫌気が差している人も多いかと思いますが、一般的に転勤とは「労働者を同じ企業内の異なる勤務地に配置転換する事」を指します。

 

雇用者側が労働者側に転勤を命ずる際には基本的に相応の「根拠」が必要となりますが、ほとんどの労働者は雇用者側から出された転勤命令を承諾するしかないというのが現状となっています。

 

転勤の命令は会社や企業にとって業務上の必要性があると判断された場合にのみ出されますが、マイホームを既に購入していたり家族が特定の土地に生活の場を置いている場合などは、労働者だけが転勤先へと赴任する「単身赴任」を選択するケースがほとんどです。

 

 

転勤の主な目的としては「本人の能力開発や向上といった人事面の活性化」「取引先との不正防止」などが挙げられます。

 

中には不正を働いたり会社にとって不都合な人物を僻地などに転勤させるケースもありますが、こういったケースの事を一般的には「左遷」と呼びます。
逆に企業での活躍が認められた上で出される転勤命令の事を「栄転」と呼びます。

 

 

転勤の無い仕事をピックアップ

転勤を好んで引き受ける人は少数派だと思いますが、どうしても転勤を避けたいのであれば「転勤の無い仕事」を探す必要があります。
大企業の場合は転勤が当たり前のように横行している為、給与水準や社会的地位は高いですが異なる土地を転々としなければならない恐れが高いと言えます。

 

そのため、転勤を避ける為にはなるべく企業規模の小さい会社を探して就職する事が大切です。
ひとたび転勤になると数年間は別の土地で過ごさなければなりませんので、マイホームを購入したり家族と共に生活を送るのが非常に困難な状況に陥ってしまいます。

 

そのため、マイホームを購入して家族と共に生活していきたいのであれば高収入やステータスにこだわるのではなく、「地域分社制の会社」「本社しかない企業」などに限定して就職を目指すのがオススメです。

 

職場環境と企業の場所は先の事も視野に入れて考えるようにしましょう。