せっかく就職しても離職しないためには、職場環境や企業の場所を重要視しましょう。

MENU

職場環境を重視して仕事を選ぶべき理由

高校を卒業して大学へと進学した人の多くは大学を卒業する前に必ず「就職活動」を経験する事になります。ここでは就職先を幾つかピックアップした上で自分の希望する条件に合ういくつかの企業の面接を受けながら内定を目指す事になります。

 

ほとんどの人はこの就職活動を行う際に給与水準の高さや企業ブランドなどを重視して面接を受ける企業のピックアップを行っていますが、それらと同じくらい「職場環境」も重視しながら仕事を選んでいく事が大切です。

 

 

 

何故ならたとえ企業ブランドや給与水準の高い企業に就職したとしても、職場環境の悪さによって離職してしまう人の割合が高いからです。


 

そのため、給与や企業ブランドと共にその企業の職場環境も見ながら面接を受ける企業のピックアップ作業を行っていくことが大切です。

 

職場環境とは文字どおり働く場の環境の事を指しますが、職場環境を見て仕事を選ぶのであればそこで働く人同士の「人間関係」や「労働時間」「各種保険への加入の有無」などをしっかりと見ておくことが大切です。

 

 

就職の際は企業の場所を重要視しよう

就職を目指す人の中には給与や待遇ばかりを重視して就職活動を行う人も多いかと思いますが、もっとも重要視すべき項目のひとつに「企業の場所」が挙げられます。

 

大手企業の場合は転勤などで日本国内だけでなく海外も含めた各地を転々とする「転勤族」になる可能性も高いですが、中小企業の場合は同じ土地で生涯を過ごし働き続ける事になるケースがほとんどです。もちろん企業によっては短期的な単身赴任や転勤はあるかもしれませんが、多くの中小企業では定年退職まで同じ土地で仕事を続ける事になる場合が大半を占めています。

 

そのため、自分の人生の「基盤」となる土地をまずは見定めてから就職する企業を決める事も重要になってきます。
もし自分に合わない土地でずっと仕事を続けていくとなるとそのストレスは想像を絶するものですから、就職活動の際は「企業の場所」にも焦点を当てて就職先を探す事も大切です。