起業で儲けるためには目先の稼ぎだけを重視せず、長いスパンで事業内容を考えることが大切です。

MENU

起業の概要や特徴について

世の中には実にさまざまな職業に就いている人が居ますが、中には自分で「起業」する事で自由にお金を稼いでいる人も数多く存在しています。

 

 

 

起業と聞くと多くの人は「自分のアイデアでお金を儲ける」というイメージを持ってしまいがちですが、実際に起業して成功している人のほとんどは儲けることを考えずに「誰かの役に立つ事」を考えた結果、莫大なお金を稼ぐ事に成功しているケースが大半を占めています。


 

例え一発のアイデアで単発的に儲かったとしてもそれが継続しなければその起業は失敗と言えます。
逆に少しずつしか儲からなくても継続してお金を稼げるようになればその起業は成功したと言って良いと思います。

 

たとえ一時期は少しずつしか儲からなかったとしても、時間を掛けて人の役に立つ事を考え続けていればその事業はやがて大きくなっていき、最終的には莫大な財を成すことにも繋がります。

 

ちなみに起業して10年以上もの間、継続して事業を行えている企業は全体のわずか6%ほどと言われています。

 

そのため、起業で儲けたいのであればまずは目先の稼ぎだけを重視するのではなく、長いスパンで事業内容を考えていく事が大切です。

 

 

起業家とサラリーマンとの相違点

日本国内にはサラリーマンとして働いている男性が数多く居ますが、一方で企業には属さずに自分で起業して収入を得ている「企業家」と呼ばれる人も数多く存在しています。

 

一般的なサラリーマンと起業家の大きな違いは
「所属する法人ブランドの有無」です。


サラリーマンの場合、所属する法人ブランドのお陰で安定した収入を得る事が出来るので生活に困るといったリスクが少なく、仕事における責任を全て自分で負う必要も無いので非常に「無難な生活」を送る事が出来ます。現に公務員は安定もしてますし人気も高いです。

 

一方で起業家の人は所属する法人ブランドが無く、月々の売り上げによって事業の業績や自分自身の生活レベルが変わってしまうというリスクがあります。
しかし、運営する事業が成功すれば一般のサラリーマンではとても拝む事が出来ない大金を得る事も可能になります。